常盤堂雷おこし本舗

創業二五〇年余り 江戸の味・浅草の味
文字サイズ
Loading
企業情報
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 雷おこしについて

「雷おこし」について

こしの歴史は非常に古く、約1000年ほど前に出された当時の百科事典『倭名類聚抄』に、 おこしについて文選法に曰く“「米巨米女おこしごめ」は蜜を以て米に加え煎りて作るなり”と出て おります。その起源については、唐(中国)から渡ってきたものであるとか、保存食・携帯食として 使われていた「ほしい(注1)」が訛ったとか、いろいろな説がありますが、いずれにしてもかなり古い 時代から私たちのお菓子として親しまれてきました。そうしたことから今でも各地でおこしが作られて おりますが江戸っ子育ちの「雷おこし」は江戸時代後半から、浅草で売り始められました。

(注1)ほしいい(・・いひ)【干飯・乾飯・糒】
米を蒸して乾燥させた食料。貯蔵用の乾燥飯。湯水に浸せばすぐ食用となり、兵糧や旅行の際などに用いた。 後には、夏季に冷水に浸して賞味したりした。かれいい。道明寺。ほしい。

草寺誌によりますと、徳川十一代将軍‘家斉’(1787~1836)が浅草寺の総門・雷門(慶応年間火災で 焼けたもの、広重などの錦絵に出てきます)を再建した寛政七年(1795年)頃の記録に出ておりますので 約二百年前から作られ、売られていたと思われます。

の「雷おこし」の名称は、皆さんご存じの雷門(正式には風雷神門)に由来します。この門は名前の通り 風神・雷神を祀ったものですが、いつの頃からか雷様だけがスターになってしまい、古川柳に “風神の居候する雷門”と言われるほど風の神様はかすんで門の名前まで“雷門”となってしまいました。
「雷おこし」は、この名をとってブランドネームとし、四万六千日(ほおずき市)観音様ご開帳の日に 「“ほおずき”と“雷おこし”は雷除けのおまじない」などというキャッチフレーズで売られました。もちろん 当時は境内の掛小屋で売られていたものですが観音様参詣のおみやげに無くてはならぬものとなり、 「家を起こす」「名を起こす」縁起を喜ばれて売上も急上昇していきました。明治の中頃には、雷門脇 (と、いっても門はありませんでしたが・・)の現在地に店舗を構え、現在では東京を代表する銘菓 として全国に知られております。

た、「雷おこし」の特徴は原料に最高のお米を使い、砂糖を主体としたソフトな仕上がりを喜ばれ、 大阪の板おこしと対比され、江戸前のおこしはご年輩から小さなお子さままで万人向きと言われておりま した。

二次大戦で浅草は焼け野原となりましたが、甘味を求める人々のご期待に応えて営業を再開、 発売の予定時間には長蛇の列ができたと言われています。それから60年余り、人々の嗜好は変わりました が、“雷おこし”はそうした味の変化に応え、よりソフトに、しかも甘味をできる限り抑え、新しくピーナッツなどの副原料の添加で、
今も浅草観音様と同様にご愛顧いただいております。