常盤堂雷おこし本舗

創業二五〇年余り 江戸の味・浅草の味
文字サイズ
Loading
企業情報
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. ライブラリー

ライブラリー

明治30年代の店舗

明治30年代の店舗と市電

現在の地に常盤堂が店を構えたのが、明治25、26年頃言われ、その後、約10年後の写真。

戦前の常盤堂

戦前の常盤堂(昭和10年ごろ)

当時としては、堂々たる店構えで、従業員もモダンなユニフォームで勢揃い。

戦後の雷門周辺。マラソン大会のスナップ写真

戦後の雷門周辺

現在の雷門はもちろん、戦火で焼失した本店も見えない。
マラソン大会でのスナップ。

東京大空襲あとの浅草

昭和20年3月の東京大空襲で
浅草は全滅

戦後再建したバラック建物。資材不足でおこしはすぐ品切れ。
やむを得ず、陶磁器を販売していた。

戦後の本店と全従業員

戦後の本店と全従業員

元旦朝6時、本店・工場の全従業員が揃って浅草寺に参拝、記念写真を撮るのが恒例でした。(昭和24、25年ごろ)

旧雷門本店 当時としては珍しいカラー写真

旧雷門本店(昭和26年)

この頃になると商品も揃い、店内も整備されてくる。
当時としては、珍しいカラー写真。

旧雷門本店に小野上村のお客様

旧雷門本店に郷里の小野上村(群馬県)のお客様を迎えて・・・

昭和29年雷門本店 当時としては、豪華な建築。

昭和29年ごろの雷門本店

当時としては、破格の豪華建築。カメラファンで賑わった。

雷門本店と消防出初め式

雷門本店と消防出初め式

将来の雷門再建を想定して建てられた本店。
江戸消防のハッピ姿とよく似合う。

昭和30年前半の売場

昭和30年代前半の雷おこし売場

ケースの上の袋入りは50円、100円、200円。
おこしは、伊達丸1ヶ50円。上角、磯部、各2円。
胡麻、柱、八千代、各1円。
バラ売りはすべて手作業にて販売。

旧本社

旧本社

昭和36年11月17日落成式にて。

雷門サテライトスタジオ

ニッポン放送
雷門サテライトスタジオ

本店1階に開局したスタジオ。
ここから生放送が、全国に流れていた。